水素水で健康に美しく快適な毎日を・・・

やっぱり私のお薦めは、電解還元型水素水!!


私は、長年、電解還元型水素水を飲み続けていますので、やっぱり、お薦めできるのも電解還元型水素水です。
電解還元型水素水の良いところは、電解還元型水素水の長所の項でもお知らせしたとおり、安定した水素濃度の高い水素水が生成できることです。また、電解還元型水素水の短所として、水道の蛇口の近くにしか置けないものが多い点です。

 

特に私がおすすめしたいのは、トリムイオンGRACEです。最大1.3ppmの水素濃度を実現しています。実は今回、我が家にも設置したのですが、我が家では、最大1.2ppmの水素濃度です。地域により、水により、水素濃度は変化しますので、あくまで目安として考えてください。

 

また、電解還元型水素水に求められる最重要課題は、次の2点です。

 

1.ダブル オートチェンジ クロスライン方式
  これは、電解還元型水素水は、水を電気分解して水素水を作り出しているわけですが、電気分解
  する電極にはチタン合金に白金をメッキして作られているものが多く、その電極が電気分解時に
  水道水中に含まれるミネラル分によってメッキ(スケールがたまる)されてしまうことが多い
  ため、そのままの状態で使用しているとだんだんと電気分解能力が落ちていき、最後には電気分
  解できない状態に陥ります。

 

  これを防ぐために1回使用ごとにプラスとマイナスの電極板自体を回転させ、入れ替えてメッキさ
  れないようにしているのがダブル オートチェンジ クロスライン方式なんです。

 

  こうすることで、長年使用しても電極は、ミネラルによってメッキされずにずっと電気分解する
  ことができるわけです。

 

  トリムイオンGRACEは、電極は、プラチナコーティング電極となっていて当然、ダブル オー
  トチェンジ クロスライン方式を用いています。特にハイブリッドダブル電解システムというもの
  を採用していて従来の電解槽に固体高分子膜の電解槽をプラスすることにより、高濃度の水素水と
  低いph値を実現しています。

 

2.浄水機能
  電解還元式水素水は、まず、浄水をフィルターに通し、有害物質を除去したものを電気分解して
  水素水を作り出すわけですが、安心して水素水を飲むためには、完全に浄水された水を電気分解
  する必要があります。

 

  トリムイオン GRACEは、マイクロカーボンカートリッジにより、JIS規格で指定されている
  13物質及び浄水器協会自主規格6物質、合計19種類の有害物質を取り除いてくれるので、真の意味
  での安全な水素水を作り出すことができます。

 

この二つは、電解還元型水素水に絶対的に求められる最低ラインです。そのほかにも電解還元型水素水には必ず、電気が必要なので、如何に経済的に電気分解できるか?とか、日本各地には、いろいろな水質の水があるわけですが、地域や季節によって変わる水質に応じて自動的に電気分解を制御する機能なども求められます。また、電解還元型水素水生成器は、プラスチック部品が多く使用されているため、熱湯とか水圧の高い水を通すことができません。それらの異常を素早くキャッチして通さないようにする機能なども求められます。

 

トリムイオン GRACEは、電気代+水道代が1g当り約7円と断然お得なランニングコストとなっています。

 

電解還元型水素水生成器の安価なものは、ダブル オートチェンジ クロスライン方式が備わっていないものやカートリッジが簡易式になっているものまた、その他の機能が全く備わっていないものなどが存在します。

 

電解還元型水素水生成器には、高価なものや安価なものが存在するのは、上記で説明した機能が備わっているかいないかによるところが大きいです。

 

買うときは、できるだけ安く購入したいですが、安すぎる電解還元型水素水生成器をお薦めすることはできません。そのように考えるとトリムイオン GRACEは、高価なものに備わっている機能をほとんど網羅しており、値段的にもかなりリーズナブルで置き場所を選ばず、電気代も節約してくれるかなりお得な機種であることがよくわかります。

page top